研究概要

当研究室では、脳の情報処理の仕組み、特に、神経細胞をはじめとする脳神経系のハードウェア的特性と脳計算理論のリンクを目指し、主に数理的解析手法・モデルシミュレーションにより研究しています。

準備中

準備中

多感覚統合過程の神経回路モデル構築

我々は複数の感覚器官を有しており、それらから得られる情報を統合的に利用しています。神経科学的知見から得られる情報の入力経路・神経活動の時間依存に着目し、リザバー型計算機を利用したモデル化を行うことで、当該機能を説明する神経回路モデルの構築・シミュレーションから得られる結果と実際の神経活動との関連性の解明に取り組んでいます。

運動機能・運動疾患と神経回路動態の関係性およびその治療法の解明

大脳基底核は運動性情報を司る脳部位の一つであり、その疾患により運動障害が生じます。正常な運動と運動障害といった行動レベルの現象と大脳基底核神経回路の活動の間には密接な関係があるとされていますが、その仕組みについては不明な点も多いです。当該神経回路のモデルシミュレーションによりその関係性について調べます。

準備中

準備中